サイトへ戻る

激走!恒例の試走会

· 試走会

先日、毎年恒例の試走会を行いました。(^^)/

少し肌寒く感じる朝8時、

会場となる山岡農村環境改善センターに参加者の皆さん、実行委員会が集合。

試走をしてくれる方は、毎度おなじみのマッパチームキミさん、竹内さん、

初参加の小野田さん、岐阜県オリエンテーリング協会理事の林さん、

我ら実行委員会のエース、三浦君の5名です。

集合するやいなや、皆さん、出走の準備に取り掛かります。

そして、

私が試走会用の地図を渡すと早速ミーティングが始まりました。

今回は試走よりも道の調査という意味合いが強いかな。

地図は2種類、プランAとプランB。

委員長:

「今回はまだ迷ってるんですよ。このエリアを入れたいんですけど、ここを入れると難易度あがるし、入れないとつまらないし。なので、2種類用意しました。どう思います?」

キミさん:

「6時間の人はこのエリアに行くだろうな。3時間はちょっと無理かな」

竹内さん:

「このあたりは面白うそうだね。この道が通れるといいな。」

小野田さん:

「ポイントがたくさんあるね。プランAだとここが入らないのか…」

林さん:

「この道が面白そう。ここチェックしましょうか。」

皆さん、それぞれの感覚で地図を読み取り、プランを評価してくれます。

私は皆さんの評価にいつもドキドキです。

試走といえども、皆さん真剣に取り組んでくれます。

その姿勢にいつも感謝です。

ミーティング後、全員で記念撮影。

まだ「恵那フォトロゲイニング」の横断幕がないので、

「日本大正村フォトロゲイニング」の横断幕を利用。

試走のルートも決まりました。

2つのグループに分かれて調査に出発です😊

 

ケガのないように気を付けていってらっしゃーい!

4時間後、無事に帰還。

ケガや事故もなくひと安心。

休憩後にプロジェクターを使って皆さんから調査報告です。

「この道は通れるよ。いい感じだったね。」

「ここは無理なので×にしておいたほうがいい。」

「ここに不思議な岩があったから、チェックポイントになるな」

「この鳥居はこの神社のものだよ。昔、この川に橋がかかってたけど今はないね。」

「ここのポイントは高得点にしないといかないね。」

などなど。

1時間30分のミーティングを終え、試走会も無事に終了しました。

 

さぁ、あとは監修者の私が、今回の調査結果をもとに地図を作ります。

 

私にとって、この地図作りが一番の楽しみなんです。

仮申し込み済みの参加者のレベルを考えつつ、エリアを選択し、チェックポイントのおおよその位置を考え、配置していく。

地図は平面ですが、高低差を考えて立体化させ、チェックポイントの位置を定めます。

 

今回の地図は今までの地図と比べると、難易度は低いと思います。

もしかしたら、全部回られてしまうかもしれません。そのくらい簡単です。

なので、ところどころ意地悪なポイントも入れようかな。

 

地図には作成者の性格が表れますよね。

作成者は皆さんが楽しく迷ってくれることを望んでいます。

いろんなところに「ワナ」をしかけるんです。

 

参加者のみなさん、そのワナに引っかからないように気を付けて下さいね。(^^)/

(本当は引っかかることを期待している)

 

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。